advanced help
per page, with , order by , clip by
Results of 0 - 1 of about 0 (0.000 sec.)
[[20020510101410]]
@digest: 952d0267553c1ebd71d6cec127dc1c95
@id: 16
@mdate: 2003-04-29T06:41:45Z
@size: 2414
@type: text/plain
#keywords: ルメ (9168), ス的 (6327), 推薦 (5112), ーベ (5051), 客管 (4582), ーカ (3745), 代行 (2882), カー (2324), toshi (2296), ン初 (2225), 格的 (2031), 万件 (2009), 本格 (1969), ベー (1894), 定期 (1791), メー (1747), 般論 (1625), メイ (1417), access (1355), タベ (1347), ファ (1053), 表作 (1021), 扱え (1020), がメ (991), 困難 (948), フ作 (939), 顧客 (860), デー (822), ァイ (820), を扱 (818), windows (789), ース (758)
『Excelでデーターベース的に使用することは可能?』(toshi)
私はパソコン初心者ですがExcelでデーターベース的に使用することは可能でしょうか。教えてくださいよろしくお願いします。 ---- Excelをデータベース的に使うことは可能です。 そもそもデータベースとは 【データを溜め込んでおいて、必要なときに取り出す】機能です。 いろいろありますが、Excelで一番簡単で基本的なのはオートフィルタです。 が、あくまでExcelは表作成、集計、グラフ作成がメインです。 本格的にデータベースを使うならACCESSなど専用のソフトを使う必要があります。 Excelは全体が見れるけれどデータが多くなってくると使いにくい。 Accessは全体は見渡しにくいけれど、実務で使うときは便利です。 何に使おうと考えておられるのでしょうか?それとも一般論でしょうか? (kazu) ---- kazuさんありがとうございます。それを使ってデーターを入れていってそれで名前で検索したり、番号で検索したりして、一覧表として打ち出したりしたいのです。 顧客管理をしたいのです。今実際にmacのファイルメーカー使っているのですが、winと連動させたいという人がいまして、それならwinにもファイルメーカーでと思ったので,ファイルメーカーの方が便利なのにな〜と思いながら質問させていただきました。 ---- 私は過去の経過からファイルメーカーが好きなので、目的がが基本的な 顧客管理ならファイルメーカーを推薦します。 わざわざAccessに移すのは大変ですし、 Excelでファイルメーカーの代わりをやらせるのは困難でしょう。 ファイルメーカーがWindows版を出したときにもっと広がると思っていましたが...。 (kazu) ---- なんどもなんども申し訳ありません。データーベースとして利用する場合、エクセルでもできるし、ファイルメーカーでもできると聞いたのですが、 両方を比べた場合の優位性と難点などの違いを教えてください。 データーは1万件くらいの住所、氏名、TEL以外に通信物の発送や受取及び 10〜15種類の商品のセレクトをし、一定期間内に納品したものなどをすべての項目で検索する必要があります。どうぞよろしくおねがいします。 (toshi代行) ---- 1万件のデータを扱うなら、Excelはあまりお勧めできません。 たしかにExcelは65000件のデータを扱えますが、 保存に時間がかかる、データのサイズが大きくなるなど、使いにくくなってきます。 問題は検索したあと、何をするかも関係します。 単にリストを印刷するだけなら、Excelでも大丈夫です。 使いまわしを考えると、検索結果のデータを簡単に扱えるファイルメーカーが良いでしょう。 もしMacとWindowsの境い目の問題なら、どちらがメインか運用だけ決めておいて、 MacからWindowsへデータ(CSVなど)を定期的に転送する手があります。 (kazu) ...
http://www.excel.studio-kazu.jp/wiki/kazuwiki/200205/20020510101410.txt - [detail] - similar
PREV NEXT
Powered by Hyper Estraier 1.4.13, with 87334 documents and 561520 words.

訪問者:カウンタValid HTML 4.01 Transitional