[[20031002111534]] 『1ヶ月後の月日を計算する方法』(みど) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『1ヶ月後の月日を計算する方法』(みど)

A1セルに年月日が入っていて、A2セルに翌日の年月日を表示する場合、”=A1+1”で計算できますが、B1セルに翌月の同じ日を表示したい場合の計算式は、どうしたらよいですか?大の月、小の月があるので、単純に日数の足し算では出来ないと思うのですが、何方か簡単な方法を教えてください。


 =DATE(YEAR(A1),MONTH(A1)+1,DAY(A1)) と入れます。(kuro)
 あ、失礼。「大の月、小の月」の場合を考えるのでしたね。(^^;
 =IF(DAY(DATE(YEAR(A1),MONTH(A1)+1,DAY(A1)))=DAY(A1),DATE(YEAR(A1),MONTH(A1)+1,DAY(A1)),"")
 としてみてください。(kuro)

 B1に翌月の日付を求める関数に =EDATE(A1,1) で求めます。
=EDATE(開始日、月)で1ヶ月後は 1 ,1ヶ月前は -1 とします。
この関数を使うには、セットアップ プログラムを実行して分析ツールを組み込み、
[ツール] メニューの [アドイン] コマンドを使ってその分析ツールを登録する必要があります。
 (シニア)

(kuro)さん、どうもありがとうございました。2ヶ月以上連続して使う場合、月末では、前月が小の月の場合、IF文を延長して、2ヶ月前を見て+2すれば良いんですよね。

(シニア)さん、便利な関数があるんですね。セットアップの仕方が、初心者には良くわからないのですが、もう少し解説していただけませんか。

(みど)


 B1に =EDATE(A1,1) と入力すると、#VALUE と表示された場合は
[ツール] メニューの [アドイン] コマンドの分析ツールにチェックをします。
F9を押して再計算すれば、シリアル値で表示されます。「セルの書式設定・表示形式・日付」で設定します。
分析ツールが組み込まれていない場合はセットアッププログラムを組み込むように指示されます。指示に従って実行して下さい。
【ヘルプ参考】
分析ツールを組み込むには
1. [ツール] メニューの [アドイン] をクリックします。
 分析ツールが [アドイン] ダイアログ ボックスの [アドイン] ボックスに表示されない場合は、[参照] をクリックし、
 分析ツール アドインが保存されているドライブとフォルダ、およびアドインのファイル名 (Analys32.xll) を指定します。
 Analys32.xll は、通常、Office または Excel をセットアップしたフォルダの \Library\Analysis にあります。
 分析ツール アドインが組み込まれていない場合は、Excel のセットアップ プログラムをもう一度実行します。
2. [分析ツール] チェック ボックスをオンにします。
 (シニア)

(シニア)さん、どうもありがとうございました。とってもシンプルで、美しいです。はじめ何故か判りませんが#NAMEと表示され、うまく行きませんでしたが、いろいろやっているうち、ちゃんとできました。またひとつ新しい関数を覚えて賢くなりました。(みど)


EDATEは、まさに探していた関数でした!! IF式も教えてくださった方はいましたが、ややこしくて、自分ではできず。。
ホントに助かりました。ありがとうございます!!(もも)

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.