VBAでグラフ作成 (e2g)


VBAではない普通の グラフ作成入門 はこちら → (e3c) グラフ作成


グラフをたくさん作る用途に便利な、VBAでグラフを作成する方法を説明します


(1) 表を準備します


(2) VBEの世界へ

  1. ワークシート側から[Alt]キーを押したまま、[F11]キーを押します
    この方法が使えない場合は
    • Excel2007: [開発]タブ → [コード]グループ → [Visual Basic]
    • Excel2003: [ツール(T)]メニュー→[マクロ(M)]→[Visual Basic Editor(V)]
  2. VBEの世界に入ったら、左側にプロジェクト・エクスプロラーがあることを確認します。
    なければ、[表示(V)]メニュー → [プロジェクト・エクスプロラー] で表示させます
  3. [挿入(I)]メニュー → [標準モジュール(M)] を選択します
  4. これで画面の右側に白いシートが表示されます
  5. 下のコードをコピーして、右側の白いシートに貼り付けます

(3) コード

   Sub  RunGraph()
      UGraph  "b2:c7", 0, 120, 250, 150
      UGraph  "b2:b7,d2:d7", 250, 120, 250, 150
   End Sub

   Sub  UGraph(rng, L, T, W, H)
      With  ActiveSheet.ChartObjects.Add(L, T, W, H)
         .Chart.ChartType = xlColumnClustered
         .Chart.SetSourceData  Source:=ActiveSheet.Range(rng),  _
            PlotBy:=xlColumns
         .Chart.Location  Where:=xlLocationAsObject,  Name:="Sheet1"
      End With
   End Sub

(4) VBAを実行します


(5) VBA実行前後


(6) VBAの解説


(7) 拡張


(8) 注意


2020/08/13:更新 2003/04/28:登録 訪問者: カウンタ Valid HTML 4.01 Transitional