エクセルの学校


 


エクセルの関数を作る (mm0629)

エクセルの関数の作り方と意味と使い方をわかりやすく説明します


(1) エクセルの関数を作る前に


(2) 税込み金額を求めるエクセルの関数を考えてみます


(3) 作成する手順

ワークシートから呼び出す関数の作り方を説明します

[VBA側]

  1. ワークシート側から[Alt]キーを押したまま、[F11]キーを押します
    • ([F11]キーが見当たらない場合などは [ツール(T)]メニュー→[マクロ(M)]→[Visual Basic Editor(V)]を 選択でも同様です)
  2. 左側にプロジェクトエクスプロラーがあることを確認します
    • (もし見当たらなかったら [表示(V)]メニュー→[プロジェクトエクスプロラー]選択で表示させます)
  3. [挿入(I)]メニュー→[標準モジュール(M)]を選択します。
  4. これで画面の右側に白いシートが表示されます。
  5. その白いシートに function UFzeikomi(king) と入力して[Enter]キーを 押します。
  6. End Function が自動的に作られ↓のようになります。
    Function UFzeikomi(king)

    End Function
  7. Function UF... の行の下に ufzeikomi = king * 1.05 と書き加えます
  8. 下↓のようになります。
    Function UFzeikomi(king)
    UFzeikomi = king * 1.05
    End Function
  9. [Alt]キーを押したまま、[Q]キーを押します
    • ([ファイル(F)]メニュー → [終了してMicrosoft Excelに戻る(C)]を 選択する方法でも同様です)

[ワークシート側]

  1. ワークシート上でセルA1に 10000 と入力します
  2. ワークシート上でセルB1に =ufzeikomi(a1) と入力します
  3. セルB1に 10500 と表示されます
  4. せっかく作成したので、ブックに[名前をつけて保存]しエクセルを終了します
  5. これで、基本的な関数が動いたことになります
  6. 保存したブックを再度開くと、警告が表示されます
    • 【このブックにあるマクロは、セキュリティレベルが高に設定されており、
      デジタル署名されていないかまたは安全なものとして確認されていないため、
      利用できません。マクロを実行するには、署名するか、または
      セキュリティレベルを変更する必要があります。
      詳細については、ヘルプを参照してください。】
      
    • 対策法1:[ツール(T)]メニュー→[マクロ(M)]→[セキュリティ(S)]→[中] Excelを一度終了してから、再度Excel を起動します
    • 対策法2:デジタル署名する方法がありますが、今回は説明しません
    • 【C:\Document And Settings ... \ufzeikomi.xls はマクロを含んでいます。
      マクロにはウィルスが含まれている可能性があります。マクロを無効にすると
      安全ですが、マクロが適正な場合、機能が使えなくなります。】
      
    • これはマクロが存在するけどわかっていますか?と言っているのです。 今回は自分でVBAのコードを書いたので、[マクロを有効にする(E)]ボタンを押します
    • 自分がマクロを作成した覚えがないのに、ある日警告が表示されたらウィルスを 疑って、[マクロを無効にする(D)]を押し、詳しい人に助けを求めましょう

(4) 条件分岐を使う例


(5) 名前や変数名の付け方


(6) インデント・字下げ で見た目を整える


(7) 応用編


ユーザー定義関数 (UDF)


関連ページ


関連サイト


キーワード


2013/11/06:更新 2004/06/29:登録 訪問者: カウンタ Valid HTML 4.01 Transitional