マクロとは (mm0831)

マクロとは何か、わかりやすく説明します


(1) マクロとは

マクロは命令を羅列して一連の動作をさせるためのもので、一種のプログラム言語です


(2) マクロとVBAの違い


(3) マクロの自動記録

  1. Sheet1を選択します
  2. 記録を始める前にもし準備すべきことがあればしておきます
  3. マクロ記録の開始
    • Excel2007:シート名の下にあるコマンド[マクロの記録は...]をクリックします
    • Excel2003:[ツール(T)]→[マクロ(M)]→[新しいマクロの記録(R)...]を選択します
  4. [マクロの記録]ダイアログが表示されたら、マクロ名を確認します だいたいMacro1とかMacro2になります
  5. [OK]ボタンを押します
  6. ○これで記録が始まりました(テープレコーダの録音ボタンを押した状態)
  7. セルC3をクリックして 300 と入力して[Ent]キーを押します
  8. セルC4が選択されているのを確認して 400 と入力して[Ent]キーを押します
  9. セルC5が選択されているのを確認して 500 と入力して[Ent]キーを押します
  10. セルC6が選択されているのを確認して 600 と入力して[Ent]キーを押します
  11. セルC7が選択されているのを確認して =SUM(C3:C6) と入力して [Ent]キーを押します
  12. マクロ記録の停止
    • Excel2007:シート名の下にあるコマンド[マクロの記録を実行中です...]をクリックします
    • Excel2003:記録終了のツールバーで記録終了ボタンを押します
  13. ○これで記録が終わりました(テープレコーダの停止ボタンを押した状態)

(4) 自動記録されたマクロを見てみましょう

  1. VBEの世界へ
    • Excel2007:[開発]タブ→[コード]グループ→[マクロ]を選択します
    • Excel2003:ワークシート側から[ツール(T)]→[マクロ(M)]→ [Visual Basic Editor(V)]を選択します
  2. 左側にあるプロジェクトエクスプローラのVBAProject(Book1)の [標準モジュール]をダブルクリックすると、Module1が見えてきます
  3. もしプロジェクトエクスプローラが見当たらない場合は [表示(V)]メニュー→[プロジェクトエクスプローラ(P)]を選択します
  4. そのModule1をダブルクリックしすると、画面の右側に下のようなコードが 表示されます
	Sub Macro2()
	' Macro2 Macro
	' マクロ記録日 : 2004/8/30  ユーザー名 : kazu
	    Range("C3").Select
	    ActiveCell.FormulaR1C1 = "100"
	    Range("C4").Select
	    ActiveCell.FormulaR1C1 = "200"
	    Range("C5").Select
	    ActiveCell.FormulaR1C1 = "300"
	    Range("C6").Select
	    ActiveCell.FormulaR1C1 = "400"
	    Range("C7").Select
	    ActiveCell.FormulaR1C1 = "=SUM(R[-4]C:R[-1]C)"
	    Range("C8").Select
	End Sub

(5) 記録したマクロを動かしてみましょう


参考サイト


2020/08/12:更新 2004/08/31:登録 訪問者: Valid HTML 4.01 Transitional