両対数グラフの描き方 (tp0025)

Microsoft Excel で 両対数グラフを描く方法を説明します


(A1) 散布図 を使うと両対数グラフを描くことができます


続きの(A2)は 自分のExcel のバージョンを選んでください

Excel2016 Excel2013 Excel2010 Excel007


(A2) 両対数グラフを描く手順 Excel2016版

このように、Excel2016 でグラフの種類として散布図を使うと、両対数グラフを描くことができます


(A2) 両対数グラフを描く手順 Excel2013版

このように、Excel2013 でグラフの種類として散布図を使うと、両対数グラフを描くことができます


(A2) 両対数グラフを描く手順 Excel2010版

このように、Excel2010 でグラフの種類として散布図を使うと、両対数グラフを描くことができます


(A2) 両対数グラフを描く手順 Excel2007版

  1. ワークシート上で データ と 項目名 を選択します
  2. グラフウィザード → グラフの種類を 散布図 にして グラフを挿入します
  3. X 軸の目盛の数値を選択して右クリックして [軸の書式設定]を選択します
  4. X 軸 を対数にする
    • 軸の書式設定画面 → [軸のオプション]タブで 対数目盛を表示する にチェックを入れます
  5. Y 軸も同様の手順で対数にします
  6. 必要なら線を引きます
    • マーカーをクリックしてから右クリックして[データ系列の書式設定] を選択。[線のスタイル] で [線の幅] を 1pt などにします
  7. 2007_01

このように、Excel2007 でグラフの種類として散布図を使うと、両対数グラフを描くことができます


関連ページ


キーワード


2021/01/05:更新 2005/02/28:登録 訪問者: カウンタ Valid HTML 4.01 Transitional