advanced help
per page, with , order by , clip by
Results of 1 - 1 of about 2680 for 入力規則 (0.004 sec.)
VLOOKUP 関数 使い方 検索の型 エラー #N/A #REF! 0表示 未入力 エクセル Excel [エクセルの学校]
#score: 4344
@digest: 958e1770bcffbabb16302f49c72a18b8
@id: 91742
@mdate: 2021-12-30T12:34:18Z
@size: 12736
@type: text/html
content-type: text/html; charset=Shift_JIS
description: VLOOKUPについてわかりやすく説明します
keywords: VLOOKUP,関数,使い方,検索の型,エラー,#N/A,0表示,未入力,エクセル,Excel,エクセルの学校
viewport: width=device-width,initial-scale=1,user-scalable=no
#keywords: 食パ (11891), ー# (11786), ルb3 (10453), ポテ (9197), 縦型 (8314), テト (8070), プス (7596), ルc3 (7172), カロ (6599), ロリ (6545), 数ex (6540), 値# (6118), 連ペ (5809), vlookup (5612), トチ (4473), チッ (4283), 照) (3749), 表) (3397), 対参 (2737), support (2467), 字コ (2370), ーブ (2288), ー値 (2274), パン (2222), テー (2189), し出 (2127), 相対 (1814), ブル (1690), るex (1664), チー (1556), 数・ (1519), ref (1515)
VLOOKUP (e1tw) 基本的なVLOOKUPの使い方を超簡単に解説します VLOOKUPは 縦型 ( V ertical) の表の中からデータを探し出すことができます HLOOKUPは 横型 ( H orizontal)の表の中からデータを探し出すことができます VLOOKUPの例 食品名の表から、ある食品のカロリーを求める例でVLOOKUPを説明します セルB5 からセルC10 の範囲に 縦型の表 を作成します セルC3 に =VLOOKUP(B3, B6:C10, 2, FALSE) と入力し [Enter]キーを押します セルB3 に 食パン と入力し[Enter]キーを押します VLOOKUP は赤い矢印の経路で ポテトチップス → チーズあられ → 食パン と探し 結果、セルC3 に 食パン のカロリー 240 が表示されます また、セルB3 に ポテトチップス と入力すると、セルC3 にポテトチップスのカロリー 583 が表示されます VLOOKUP・式の意味 =VLOOKUP(<検索値>, <範囲>, <列番号>, <検索の型>) =VLOOKUP( B3 , B6:C10 , 2 , FALSE ) < 検索値 > この例ではセル B3 調べたいデータが入ったセルを指定します < 範囲 > この例ではセル範囲 B6:C10 探すべきテーブル(縦型の表)の範囲を指定します この例ではVLOOKUPは (範囲の左端の列)B6からB10の範囲にセルB3の内容と同じものがないか探します < 列番号 > この例では 2 表の何列目を答えとして使うかを指定します < 検索の型 > この例では FALSE (フォールスと読む) 近似検索するとき: TRUE 完全に一致するものを探すとき: FALSE 原理的にはB列の品名の文字コードの昇順に並べてあれば FALSEは省略可能ですが現実として単純な並べ替えでは文字コードの順に 並んでくれない場合が多いです VLOOKUPの使用法 VLOOKUPはこのように、テーブル(表)から何らかの情報を探し出すことに使われます 人名の一覧から → 電話番号を探し出す 会社名の一覧から → 担当者名を探し出す 生徒の一覧から → 数学の点数を探し出す VLOOKUPのテーブルが別のシートにある場合 [sheet] =VLOOKUP(B3, sheet3! B6:C10, 2, FALSE) のように シート名!テーブルの範囲 を指定します 関連ページ: VLOOKUP (e1t) [別シート版] [[20020625230516]] 『VLOOKUP 範囲指定を複数sheetで』(HIRO) 2つの条件でのVLOOKUPを使いたい場合 2条件の例 → VLOOKUP (mm0921) VLOOKUPでエラー #N/Aが表示されるいろいろなケース [N/A] 原因1) セルB3に何も入力されていない場合、データ未入力の場合 原因2) セルB3にテーブルにない品名が入力された場合 原因3) テーブルにあるはずなのに#N/Aが返される場合 データ又はテーブルの文字の間違い [チ ー ズあられ]と[チ - ズあられ] : ー と - [DD58 0 -2]と[DD58 O -2] : 0 ゼロと O 英字のオー [D D 580-2]と[D D 580-2] : D 半角と D 全角 [A548-R 1 ]と[A548-R l ] : 1 数字と l 英字のエル [Y45-651]と[Y45-651 ] : うしろにスペース テーブル範囲の間違い =VLOOKUP(B3,B6:C9,2,FALSE): テーブルの最後が含まれていない 関連ページ: エラー #N/A VLOOKUPで#N/Aを表示させない2種類の方法 (2011/12/16更新) IF関数を使って#N/Aを表示しない方法 =IF( ISERROR ( VLOOKUP(B3, B6:C10, 2, FALSE) ), "" , VLOOKUP(B3, B6:C10, 2, FALSE) ) VLOOKUP の結果が エラー だったら何も表示しない、エラーがなければ VLOOKUP の結果を表示 IF関数を使って #N/A を 0 表示する方法 =IF( ISERROR ( VLOOKUP(B3, B6:C10, 2, FALSE) ), 0 , VLOOKUP(B3, B6:C10, 2, FALSE) ) VLOOKUP の結果が エラー だったら 0 を表示、エラーがなければ VLOOKUP の結果を表示 条件付書式を使う方法 セルC3をクリック [書式]メニューの→[条件付き書式]で条件を[数式が]に 式を =iserror(C3) に 書式でフォント色を背景色と同じ白にします VLOOKUPでエラー #REF! が表示される [REF] VLOOKUPの式が入ったセルをコピーして、テーブルの位置がずれてきた場合 #REF! になります テーブルを参照している式を 相対参照方式 から 絶対参照方式 に変えて対策します B6:C10 (相対参照) → $B$6:$C$10 (絶対参照) 関連ページ [[20070920113940]] 『VLOOKUP コピーをすると#REF!が出てしまう』(みこ) 絶対参照と相対参照 (mm0724) エラー #REF! VLOOKUP 関数・詳細 VLOOKUP 関数・もっと詳しく → ExcelPedia: VLOOKUP (PDF書類が別窓で開きます) 関連サイト support.office.com: VLOOKUP 関数 Excel2007以降 support.office.com: VLOOKUP 関数 Excel2007 support.office.com: エラー値 #N/A を修正する Excel2013 support.office.com: エラー値 #REF! を修正する Excel2013 support.office.com: エラー値 #N/A を修正する Excel2007 support.office.com: エラー値 #REF! を修正する Excel2010 キーワード VLOOKUP 関数 検索の型 #N/A #REF! 未入力 別シート版 2条件 2020/07/28:更新 2003/11/26:登録 訪問者: ...
http://www.excel.studio-kazu.jp/archives/e1tw/e1tw.html - [detail] - similar
PREV NEXT
Powered by Hyper Estraier 1.4.13, with 92135 documents and 582182 words.

訪問者:カウンタValid HTML 4.01 Transitional