[[20080626232844]] 『異なる文字列を見つけてカウント』(みどり) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『異なる文字列を見つけてカウント』(みどり)
 氏名   部署                                
          初期配属 2年目  3年目  4年目    
 Aさん  営業部  営業部  営業部  情報部  
 Bさん  経理部  営業部  営業部  経理部  
 Cさん  情報部  情報部  営業部  営業部  
 Dさん  営業部  経理部  経理部  情報部  
 Eさん  経理部  経理部  経理部  経理部
先ほどに続き、[[20080618181157]] 今度は、初期配属から各部で何人部署異動したかを調べたいのです。
もうひとつ表があって
初期配属からの異動人数
    2年目 3年目 4年目
営業部 
経理部 
情報部

営業部の場合2年目で何人異動になったか・・・これでいうと、Dさんの初期配属が営業部で2年目が経理部なので、1名となります。3年目は0名、4年目は1名、
1回目の部署異動が対象です。つまり

     2年目 3年目 4年目

 営業部 1   0   1
 経理部 1   0   0
 情報部 0   1   0
 という表を作りたいのです。これまた複雑で申し訳ないですが、関数とかはないですよね・・・何件もある資料なのでいちいち目で確かめていてはいつになるか
お願いいたします。
 

 ん?
 結果が上の例題と変わっちゃいましたが、こんな感じであってますか?
 
	[A]	[B]	[C]	[D]	[E]	[F]	[G]	[H]	[I]	[J]	[K]
[1]	氏名	部署									
[2]		1年目	2年目	3年目	4年目				2年目	3年目	4年目
[3]	Aさん	営業部	営業部	営業部	情報部	4		営業部	1	1	0
[4]	Bさん	経理部	営業部	営業部	経理部	2		経理部	1	0	1
[5]	Cさん	情報部	情報部	営業部	営業部	3		情報部	0	0	2
[6]	Dさn	営業部	経理部	経理部	情報部	2					
[7]	Eさん	経理部	経理部	経理部	経理部						
 
 範囲が決まっていないなら、OFFSET関数で範囲を調べて比べ
 I2 =SUMPRODUCT((OFFSET($A$2,1,MATCH(I$2,$B$2:$E$2,),COUNTA($A:$A))<>OFFSET($A$2,1,MATCH(I$2,$B$2:$E$2,)-1,COUNTA($A:$A)))*(OFFSET($A$2,1,MATCH(I$2,$B$2:$E$2,),COUNTA($A:$A))=$H3))
 
 範囲が決まっているのなら
 I2 =SUMPRODUCT((B$3:B$7<>C$3:C$7)*(C$3:C$7=$H3))
  必要範囲までコピー
 
 これだけです^^
 
 (キリキ)(〃⌒o⌒)b

 ありがとうございます。えっと、
1年目の部署を基準に考えていくんです。私の説明が悪くてすみません・・
部署ごとに2年目以降何人異動したかをしりたいんです・・・
 経理部なら 1年目(初期配属)に配属されたのは Bさん、Eさん
その二人のうち、2年目に移動になったのは、Bさんの1名、3年目に異動になったのはいない
4年目もいないといかんじなんです。
すみません。ほんと申しわけないです。(みどり)

 なるほど^^
 だったら、先程の答えの F列を作業列として使っちゃいましょうb
 
 I2 =SUMPRODUCT(($F$3:$F$7=COLUMN(B1))*($H3=$B$3:$B$7))
 必要範囲までコピー
 
 (キリキ)(〃⌒o⌒)b

 ありがとうございます。出来ました。あまりにすご過ぎて言葉がでません。
 まったく式の意味が理解できませんが
 この際、明日実際の表に教えていただいた式をコピーしてつかってみます。
 明日出来なかったらしつこいようですがまたお願いいたします。

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.