[[20140129201056]] 『複数ブックの数値を他のブックに合計して表示させ』(3000a) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『複数ブックの数値を他のブックに合計して表示させたい』(3000a)

エクセル初心者なのですが、教えてください。

仕事で数値の集計をすることになりました。

色々調べたのですがマクロを使用?したり、自分に当てはまることなのかよくわからないので書き込みます。

以下は状況・したい事です。

 1.一つのフォルダ内に1〜10までのフォルダがあります。

  それぞれのフォルダには複数のエクセルファイル(パスワード保護・すべて同一)が5〜10個入っています。シートは1つずつです。

 2.それぞれのファイルには表があり、作業した数を数字を入力して使っています。
   表の形式は同じですが行数だけが異なります。(最大で4桁)

   表から少し離れた場所に、計算式で求められた項目別の数値(作業数の合計や進捗率)が表示されています。

 3.それらの表の合計部分をすべて項目別に参照して別のブックに反映させ、全体の数値と進捗率(作業数/全体数)を求めたいのです。

  
 
 各ブックの作業数の数値だけを一箇所に抽出というのが目的です。

 全体の進捗を確認するために定期的な集計が必要で、たくさんのファイルをすべてパスワード入力して手動でチェックすることが大変です。

マクロの知識もない初心者が大変なことをしようとしているのはわかるのですが、どなたかご教授願えないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

< 使用 Excel:Excel2010、使用 OS:Windows7 >


VBAマクロで実現できます。しかし、具体的なレイアウトや書式、数式、他のxlsファイルの存在等、
情報が全然足りないので、サンプルを作ってあげることはできません。仕事ならば、
もう少しご自分で試行錯誤してみて、わからないところを質問するのが良いでしょう。

とりあえず、以下の検索キーワードを手がかりに。
Protect
Workbooks.Open
CreateObject("WScript.Shell")
(???) 2014/01/30(木) 08:58


 もう少し具体的なレイアウト提示が欲しいのは同感です。

 >表から少し離れた場所に、計算式で求められた項目別の数値(作業数の合計や進捗率)が表示されています。 
 の計算式がすべて同じ位置にあるのであれば、最近別の質問でも流用しましたが、
[[20120206161956]] 『フォルダー内の複数のBOOKから 同じ項目を 別のBOOKに一覧にする』(ayakohana)
 が利用できないでしょうか。

        With Workbooks.Open(folderPath & "\" & file.Name)
 を
        With Workbooks.Open(folderPath & "\" & file.Name,Password:="今回のパスワード")
 にすることで、パスワードファイルを開けると思います。

 また、
    row = 3
 を
    row = srcWS.Cells(Rows.Count,"A").End(xlUp).Row + 2
 にしたら、繰り返し実行で追記になります(1行空白行があきますが)。

 まずはたたき台の参考までに。
(Mook) 2014/01/30(木) 10:01

???様、Mook様、コメントいただきましてありがとうございます。

 詳細の説明不足、申し訳ありませんでした。

 やはり発想が欲張りすぎていて、マクロをいじれない私が付け焼刃的なことをするのは危険だと思いました。
 (パスワード記録もそうだと思います)

 同僚が作成した、個別ファイル上の数値を参照し
1シートに表示させる集計ブックがありました。

 (数値の場所が固定なので、そこの範囲をリンクしている状態です)

 その集計ブックを開くとすべてのファイルをリンクで参照しているため、
更新するとファイル数分のパスワードの入力を求められます。

 パスワードが面倒だと思っていたのですが、、、

 そこで、作業者が各ファイルにて数値を入力して保存する際に
集計ブックを開いて”更新しない”(=前回までの最新状態)まま
同タイミングで保存をかけてもらうことにしました。

 総数で数百あるファイルでも、変更したファイル分だけがリンクにより
反映されるので、数値のみを最新にしておくという目的は果たせました。

 集計側だけの目線で、何もかもまとめて一気にしようとしておりました。

 日々作業する方に一手間かけて協力をしてもらうことになりましたが
私の場合はこれで良かったのだと思います。

 マクロの理解がある方にはまどろっこしい方法だとは思いますが、
ひとまずこれでやっていこうと思っています。

 貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

(3000a) 2014/01/30(木) 23:36


コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.