[[20220107132716]] 『グラフデータの移動で標準偏差』(naro) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『グラフデータの移動で標準偏差』(naro)

グラフを作成しました(写真1)。横軸は平均値、縦軸は標準偏差です。別の数値でのデータを取るために、本グラフとその元データを行ごとコピーして貼り付けました。
このままだとコピー元のデータが参照されたままなので、参照先を移動していたところ、「提出値・生値」の標準偏差のセルを新しい方に移動したとたんに、値の色(青四角・赤三角)が見えなくなってしまいました。

「提出値」の標準偏差を新しく張り付けたセルに移動した状態のグラフです(写真2)。
参照先を移動したことにより、色が青から橙に変化していることがわかりますが、グラフには反映されておらず透明の状態です。

【写真1】https://d.kuku.lu/0b22492ee
【写真2】https://d.kuku.lu/6152a5d9b

< 使用 Excel:Excel2013、使用 OS:Windows 10 Pro >


 危険なファイルには近づきたくはないので見ていません。

 以下、想像してこんな実験をしてみました。
 ・散布図を書いて、
 ・特定の要素をひとつだけ選び、マーカーを赤く、サイズを大きく設定します。
 ・表とグラフを他の箇所にコピーペイストします。
 ・すると、参照元自体は変わりませんので(絶対参照)ので、
   手動で、別のデータに参照元を変更します(「グラフのデータの範囲」を再設定)
 ・すると、上記の追加設定した赤マーク、サイズ大の書式は失われてしまい、
   自動設定に戻ってしまいます。

 これを、色々な書式を保持したままにできないか?という話かと想像しました。

 【対応策(案)】
 ・「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「グラフ」の項目にある
 ・「現在のブックでグラフのデータポイントに応じて設定されるプロパティ」
    のチェックを外してみてください。
 書式設定を維持したまま参照元を変更できると思います。
 (私の手元のExcel2019で確認しました)
(γ) 2022/01/08(土) 09:21

コメントありがとうございます。
頂いた対応策で設定を維持したまま参照元が変更できました。大変助かりました。
(naro) 2022/01/13(木) 14:50

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.