[[20220122172310]] 『方法が分かりません、素人ですが分かりやすく教え』(ヒロ) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『方法が分かりません、素人ですが分かりやすく教えて下さい。』(ヒロ)

ほとんど知識のない人間ですので説明が分かりにくかったらすみません。。。
シート1は毎日提出する日報です。
シート2はシート1に反映させる入力、保存用です。
例えばシート1の売上のセルに、
シート2で細かく計算し、合計のセルで売上を確定します。
シート2の合計をシート1の売上セルに結びつける事は出来るのですが、31日分となるとシート1は31シート必要でしょうか??
1枚のシートで日替わりで反映させる事は出来ないでしょうか??
別サイトで日付から紐付けすればと言われましたが、やり方がわかりません。

< 使用 Excel:Excel2013、使用 OS:Windows10 >


 >1枚のシートで日替わりで反映させる事は出来ないでしょうか??

 多分ですが...出来ると思いますよ。

 質問1. シート1の売上のセルの入力先は1セルだけですね?
 質問2. シート2の合計の並びのセル情報と、日付けの列か行の情報を
        詳しく記載してください。

 質問3. 関数でするってことですね?

 シート2のレイアウトをしっかり記載すれば...
 関数の達人さんがきっとアドバイスしてくれるかもですよ。
(あみな) 2022/01/22(土) 18:06

 すみません、達人ではありませんが、
 基本的な関数を用いた場合です。
 --
 例えばシート2(入力・保存用)が以下の表の様に、
 日付と売上が対応するレイアウトであり、
(セルはどこでも良い)
    |[A]   |[B]  
 [1]|日付  |売上 
 [2]|1月1日|1,000
 [3]|1月2日|1,500
 [4]|1月3日|1,200
 [5]|1月4日|  900
 [6]|1月5日|1,600

 尚且つシート1(日報用)に、
 売上を知りたい日付を入力する欄があるとするならば、
     |[A] |[B] 
 [1]|日付|売上
 [2]|    |    

 >1枚のシートで日替わりで反映させる事
 は可能です。
 それが「日付から紐付け」です。
 上記例の場合、シート1のB2に
 =VLOOKUP($A2,シート2!$A$1:$B$6,2,FALSE)
 とすることで、A2の日付を変更すれば、対応する金額が表示されます。

 質問者さんがどの程度素人なのかが分かりませんので、
 関数を使うことが分からないと仮定しています。
 いきなり本番ではなく、新規にシートを用意し上記の例の通りに実行した結果が、
 ご希望に沿うものであると良いのですが。
 そうでない場合、既出ですが、シート2のレイアウトを提示して、
 関数の達人の回答をお待ちください。
(ガヤ) 2022/01/22(土) 18:41

ありがとうございます!

  【A】  【B】  【C】
【1】日付  日付   日付
【2】商品額 商品額  商品額
 .
 .
 .
 .
【30】合計  合計   合計

入力用は1日ごとに縦に入力しています
日報に反映させる項目は、現在合計で質問していますが複数あります。
各列ごとに31枚シートを作れば素人の私にも出来る話ですが、
シートを1枚で完結させたいと思い、やり始めたら投げ出せなくなりました。
分かりにくいと思いますが助けてください。。

(ヒロ) 2022/01/22(土) 19:09


 一例ですが、やりたいことはこのようなことでしょうか。
 下の例で、 Sheet1で、
 B2=OFFSET(Sheet2!$A$1,MATCH("合計",Sheet2!A:A,0)-1,MATCH(B1,Sheet2!1:1,0)-1)
 として、B1に日付を入力すると、B2 にSheet2の該当する日付の合計額が表示されます。
 (説明のため、表は簡略化してあります。)

 Sheet1	[A]	[B]	[C]	[D]
 [1]	日付	1月2日		
 [2]	合計	180		

 Sheet2	[A]	[B]	[C]	[D]
 [1]	日付	1月1日	1月2日	1月3日
 [2]	商品額1	90	70	30
 [3]	商品額2	50	50	80
 [4]	商品額3	80	60	40
 [5]	合計	220	180	150
  
(try) 2022/01/22(土) 19:49

そうです!
そういうことです!!
ど素人でも分かるように解説して頂けると幸いです!!!!
(ヒロ) 2022/01/22(土) 20:12

 MATCH("合計",Sheet2!A:A,0)
 これは、Sheet2のA列で、「合計」という文字が何行目にあるかを求める関数です。

 MATCH(B1,Sheet2!1:1,0)
 これは同様に、B1に入力した日付と同じ日付が、Sheet2の1行目の何列目にあるかを求める関数です。

 その二つがわかれば、
 OFFEST関数で、Sheet2のA1セルを起点として、〇行下、〇行右のデータが取り出せます。
 この辺は、INDEX関数を使うのも有力です。

 詳しくは、それぞれの関数のHELPで確認してください。
  
(try) 2022/01/22(土) 20:36

丁寧な回答ありがとうございました!
なんとか完成しました!
(ヒロ) 2022/01/23(日) 20:52

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.