[[20020615153730]] 『数式Bの中の数式Aが長いのを短くしたい』(マッスル) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『数式Bの中の数式Aが長いのを短くしたい』(マッスル)

数式Bでやりたいことは、数式Aの結果が0の場合、0を表示したくないのです。

 ”=if(数式A=0,"",数式A)”という数式Bがあり、

この数式Aの長さが大きい場合、

数式Aの部分をどこかのセルに退避して数式Bにはそのセルから

参照するような方法を教えてください。

※いくら長くてもあまり影響がないので、普通このようなことは気にしないの

でしょうか?


 みやほりんが 未解決ログ解消を目的に 2005/11/15 18:25 投稿しました。
 
数式を退避するケースはあります。
・数式が長くて、数式自体の構造が分かりにくいとき
・関数のネスト(入れ子)レベル制限(7レベル)を越えるため
 
数式Bを入力するセルを選択した状態で 挿入>名前>定義

定義
数式A
参照範囲
=数式A

数式AがCOUNTIF(E1:E40,D1)という数式なら、=COUNTIF(E1:E40,D1)
と参照範囲に記す。

 他には、未使用セルを作業セルとして数式を計算させ、そのセルの結果を利用する方法が。
数式AをB1セルに入力した場合は、数式Bを
=IF(B1=0,"",B1)  とします。
 
【関連ログ】
[[20041215170531]]『数字で挟まれた文字列の見抜きだし』(しろ) 
[[20030907142424]]『長い計算式に名称をつけて登録』(masabou5)
[[20030407215436]]『1セル内に入力された住所を3セルに分割する方法』(ひゆ) 
(みやほりん)

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.