[[20060913132204]] 『2つのシートを連動させたい。』(ゆうです) >>BOT

[ 初めての方へ | 一覧(最新更新順) | 全文検索 | 過去ログ ]

 

『2つのシートを連動させたい。』(ゆうです)
 1のシートに(依頼書)2のシートに(依頼一覧)と作りました。
・依頼一覧のA1に=IF(依頼書!A1=1,依頼書!B1,"")と作り
 依頼一覧のA2に=IF(依頼書!A1=2,依頼書!B1,"")と作ると作ったのですが、
 依頼書のA1を1、B1をエクセルと打てば依頼一覧のA1にエクセルとなりますが
 依頼書のA2を2、B2をワードとすると依頼一覧のA1が消えて、A2がワードと
 なるのですが、依頼一覧A1のエクセルを消さずに、A2にワードとする方法は
 ないのでしょうか?

 よく分からないのですが
 依頼一覧のA2に
=IF(依頼書!A2=2,依頼書!B2,"")
           ~~          ~~
 ですか?

 それとも、依頼書の1行目のデータを消したとしても
 依頼一覧のA1にはデータが残ってて欲しいのでしょうか?
 書き込みをした式は実際の式とあってますか?

 (HANA)

 ごちょごちょ書いていて衝突しました〜☆
 付け加え部分もあるのでそのままUPしまする。
 
 >依頼書のA2を2、B2をワードとすると依頼一覧のA1が消えて、A2がワードと

 ちょっと書き込み混乱されてますね^^; 式には依頼書のA2やB2は出てきてないですよ〜?
[依頼書]シート
    A          B
1 1or2  エクセルorワード
2
    A    B
1   1  エクセル
2   2  ワード

 どっちの配置が正しいんでしょうか?
 もし、上の配置が正しいのなら、参照先のデータが変わってしまえば、当然参照して表
示しているデータは変わってしまいます。
 依頼一覧のA1とA2に表示されるデータは、どういう条件で表示させたいのか、を今一度
提示していただけませんか?

 ☆依頼書を作成するたびに、依頼一覧にデータが蓄積されていく、が目的のような気も
しますが、それであれば関数ではできません。
 また、お勧めなのは、依頼一覧にデータを入力して、依頼書でデータを参照する方法
ですよ〜 と考えすぎかもしれませんが付け加えておきます。
(かなれっと)

(HANA)さん、(かなれっと)さん、ありがとうございます。
(かなれっと)さんの言っている通り、依頼書を作成すれば、依頼一覧にデータが蓄積していくようにしたかったのですが無理なんですね(;:)
お勧めの依頼一覧にデータを入力して、依頼書でデータを参照する方法できるのでしたら、
教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします^^

 VLOOKUP関数などがよく使われると思います。例えばこんな感じ。
[依頼一覧]シート
   A    B        C
1 通番 依頼者名 依頼内容
2  1   田中   あいう
3  2   佐藤   えおか
[依頼書]シート
   A         B     C
1                 通番1 
2 田中 様
3        
4 依頼内容 あいう

 C1に通番を入力、A2に依頼者名を表示、B4に依頼内容を表示、だとして、
A2に =VLOOKUP(C1,依頼一覧!A2:C3,2,FALSE)
B4に =VLOOKUP(C1,依頼一覧!A2:C3,3,FALSE) 
関数については、エクセルのヘルプや、この学校内のライブラリhttp://www.excel.studio-kazu.jp/lib/e1tw/e1tw.html
をご覧になってくださいね〜
(かなれっと)


かなれっとさんおはようございます。
 丁寧に詳しく教えていて頂き嬉しいです^^
 知識がほとんど無く、困っていたので頑張ってやってみます。
 解らないことが多いので、また教えてください。
 ありがとうございましたo^^o
 

 自動的に・・・とは行きませんが
 かなれっとさんの[依頼書]シートのフォームだとして
 印刷範囲を(フォームが決まっているのは印刷ですよね?)
 2行目からに設定しておいて
 1行目に  A1セル=A2 B1セル=B4 ・・・・
 入力する位置は決まっているだろうから、決まった場所と
 リンクさせて1行表示にしておけば、入力(出力)が終わったら
 1行目だけをコピーして[一覧]シートの最終行に「値張り付け」すれば
 コピー作業は簡単になるかと思います。

 (HANA)

 >依頼書を作成すれば、依頼一覧にデータが蓄積していくように
 この部分、「マクロの記録」で思いついたので載せておきます。
 (“のみ”の方は並びが逆になると言う難点がありますが・・・)

 [依頼書]シート			
	[A]	[B]	[C]
[1]		通番	3
[2]	鈴木	様	
[3]			
[4]	依頼内容	きくけ	
  C1,A2,B4に必要事項を入力

 [依頼一覧]シート			
	[A]	[B]	[C]
[1]	3	鈴木	きくけ
[2]			
[3]	通番	依頼者名	依頼内容
[4]	2	佐藤	えおか
[5]	1	田中	あいう
  A1=依頼書!C1
  B1=依頼書!A2
  C1=依頼書!B4
  
★マクロの記録のみ
 [依頼書]シートを選んだ状態で記録を開始。
 1. [依頼一覧]シートを選択
 2.4行目を選んで行の挿入
 3.1行目を選んでコピー
 4.セルA4を選んで値貼り付け
 5.[依頼書]シートを選択
 記録終了

 マクロを実行すると、最新データが先頭行(常に4行目)に自動蓄積されます。
  
★記録に少し手を加えて(1カ所セル番地の書き換え)テーブルの最後に蓄積する方法。

 [依頼書]シートを選んだ状態で記録を開始。
 i  . [依頼一覧]シートを選択
 ii .1行目を選んでコピー
 iii.テーブルの最下行より下でA列の何処かを選択 (例えばA20)
      (このセル番地は後で書き換えるのでどこでも良い)
 iv .Ctrl+↑(このキー操作で入力されている最終行へ移動)
 v  .相対参照ボタンを押して一つ下に移動
      (「相対参照ボタン」とは、「記録終了ボタン」の隣のボタン
         ツールバーの ■|田←こっち側)
 vi .値貼り付け
 vii.[依頼書]シートを選択
 記録終了

 記録したマクロのコードを開いてiiiで選んだセル番地を探し
 A列の最終行のセル番地「A65536」に変更
 (今回は、A20→A65536 に変更)

 マクロを実行すると、最新データが最終行に自動蓄積されます。

 (HANA)

コメント返信:

[ 一覧(最新更新順) ]


YukiWiki 1.6.7 Copyright (C) 2000,2001 by Hiroshi Yuki. Modified by kazu.